javaエンジニアの人口

とりわけスマートフォンの普及によって、Androidアプリの開発が盛んになっている。
Androidアプリ開発を積極的に進める事業者が増えるにしたがって、主にAndroidアプリに使用されているプログラミング言語であるjavaの価値も高まってきている。そのため、javaを得意とするエンジニアへの需要も喚起されている。

一方、エンジニアにとっては、特定のプログラミング言語のみに特化するようなエンジニアでありたくないと思う結果、さまざまなプログラミング言語を扱えるようにしている。
しかし近年、Androidアプリ開発の隆盛によって、javaを得意とするエンジニアの人口も増えている。
それはAndroidアプリ開発をしたいと考えているエンジニアが増えたことも一因である。
ともかくjavaエンジニアの人口は、他の開発言語エンジニアの人口よりもかなり多くなっていると言えるのだ。

実際、希望開発言語でjavaを選択するエンジニアの数は多言語を圧倒しており、最も人気の高い開発言語だと言っても過言ではない。
java言語を経験したことのあるエンジニアも多いが、その一方で、希望言語と経験言語の差に乖離が生じてしまっている。
javaを希望していても、実際に経験できる割合はそれほど高くないのである。
これはjavaエンジニアが不足しているというよりも、スマートフォンの急激な普及に開発現場が追い付いていないということなのかもしれない。
つまりjavaエンジニアの人口は多いものの、人口が需要の高さに比べてまだまだ足りていないのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by WordPress. Design: Supermodne.